腎臓内科

概要と実績

腎臓内科は、健診での異常尿所見の精査加療、慢性腎炎・ネフロ-ゼ症候群・糖尿病性腎症などの治療、慢性腎臓病(CKD)を含む保存期腎不全患者の指導および管理、血液透析導入と維持透析への移行、腎移植可能施設への紹介、その他の病態に応じた血漿交換療法・持続的血液透析・持続的血液濾過透析・LDLアフェレ-シス・免疫吸着療法・血漿吸着療法・エンドトキシン吸着療法を行っています。また、潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法、肝硬変の腹水症に対する腹水濾過再静注法を実施し、他施設での透析患者の当院での手術入院中の維持透析にも対応しています。そして、安心・安全な透析をおこなうため、臨床工学技士、専任看護師、管理栄養士などのチーム医療による透析液清浄化、機器保守管理、透析ケア、食事指導の向上に努め、患者さんの視点に立って、それぞれに最も適切と考えられる医療を提供して、共に治療成績の向上を目指しています。

透析患者(2019年)      
透析数 実人数 外来95名 入院86名
  延人数 外来9,960名 入院824名
透析導入患者   14名 (糖尿病性腎症 12名)
持続的血液透析  18名 
白血球除去療法 4名 
腹水濾過再静注法 32名 

学会施設認定

日本内科学会認定医制度教育関連施設

 

医師紹介

腎臓内科
山田 勝己
(やまだ かつき)
医長
学会資格等
日本透析医学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
臨床研修医指導医
Profile
卒業年度:1984年
専門領域
腎臓内科

外来担当医表

診  療  
腎臓内科
(診察室44)
  - 山田 勝己 代務医師
(PM)
代務医師
(AM)
山田 勝己

 

  • 受診について
  • 初期臨床研修 後期臨床研修
  • 人間ドック
  • 緩和ケア
  • 看護部
  • 在宅介護 訪問リハビリ

トップ