循環器内科

概要と実績

循環器内科では、高血圧、虚血性心疾患 (狭心症・心筋梗塞) 、心不全、不整脈、先天性心疾患、心筋症、肺塞栓症、 肺高血圧症などの循環器疾患に対する診療と心臓リハビリテーションを行っております。"

心疾患では冠動脈 (心臓を栄養する血管) の状態をみる検査が必要になることがあります。
従来は入院してカテーテルという管を体内に入れて検査する必要がありました。
しかし当院では、 CT やシンチグラフィーという、外来で比較的短時間で検査できる方法も積極的に取り入れておりますので、
入院しなくても概ね評価できます。
また、狭心症に対する経皮的冠動脈形成術 (ステント留置術などの心臓カテーテル治療) では、
可能な限り手首の動脈から治療することを心がけておりますので、入院期間は短期間で済む事が多く、
術後の負担も少ないです。

不整脈治療では、近年、カテーテルアブレーションという不整脈を根本的に治癒させる治療が発展しております。
飛騨地方では実施できる施設がありませんが、安全に行える他地域の病院をご紹介し、
連携して術後のフォローアップをしております。

また、心疾患で手術治療が必要な場合は、各々の患者様の希望に合わせて、岐阜県、愛知県、富山県などの
心臓血管外科をご紹介いたします。

急性期治療のあとは心臓リハビリテーションを行い、末永く心不全治療に関わっております。

心疾患の患者様の治療方針に対しては、医師だけではなく、看護師や理学療法士、薬剤師、栄養士、臨床検査技師など
多職種で検討し、患者様一人ひとりに十分な情報を提供し、最適な医療を提供できるよう心がけています。

 

飛騨地方では現在、循環器内科医が激減しており、循環器疾患の緊急カテーテル治療が可能な施設は当院のみとなっております。残った少ない医師でできる限りの急性期治療に対応するために、安定した状態の患者様にはかかりつけ医で管理して頂くことを推奨しております。また、胸の痛みや動悸、息切れ等の症状のある方で緊急でない場合は、まずはかかりつけ医に相談し、紹介状を記載して予約をしていただくようにお願いします。なお緊急時はこの限りではありません。

 



診療データ 2017 2018 2019
心臓カテーテル検査  103件 115件 193件
冠動脈CT検査   91件 126件 166件
心エコー検査   1980件 2175件 2175件
経食道心エコー検査   3件 5件 5件
ホルター心電図   265件 313件 313件
心臓シンチ
(負荷シンチを含む) 
42件 75件 118件
経皮的冠動脈形成術
(ステント留置術など)
35件 76件 76件
ペースメーカー
植え込み術
13件 20件 20件
心臓リハビリテーション 145人 209人 209人
心肺運動負荷検査(CPX) 83件 112件 112件
 
 
学会施設認定

日本内科学会認定医制度教育関連施設
日本循環器学会専門医研修施設 

医師紹介

循環器内科
横山 有見子
(よこやま ゆみこ)
循環器内科部長
学会資格等
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本人間ドック学会認定医・健診専門医
プライマリケア指導医・認定医
日本リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士
認定産業医
臨床研修医指導医

Profile
卒業年度:1994年
専門領域
循環器内科
村田 欣洋
(むらた よしひろ)
医長
学会資格等
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
プライマリケア認定医
日本移植学会移植認定医
日本リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士
臨床研修医指導医

Profile
卒業年度:2002年
専門領域
循環器内科
水谷 弘司
 (みずたに こうじ)
医師
学会資格等
日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

Profile
卒業年度:2012年度

専門領域
循環器内科

外来担当医表

診  療
診察室32 村田 欣洋
(循)
横山 有見子
(循)
水谷 弘司
(循)
村田 欣洋
(循)
横山 有見子
(循)

心臓リハビリテーション

 心臓病があると運動してはいけない、と思ってはいませんか?近年、心臓病の方も、適切な運動を行うと死亡率を低下させ、その後の状態を良くするとわかってきました。
 心臓リハビリテーション(心リハ)とは、心臓病の患者さんが低下した体力や精神的な自信を取り戻し、社会・職場への復帰、快適で質の良い生活の維持、そして心臓病の再発予防を目指して行う、運動療法や生活指導、カウンセリングなどの活動プログラムです。
 
 当院は平成 28 年 1 月に「心大血管疾患リハビリテーション施設基準」をクリアし、心筋梗塞後の方や、狭心症の方、心臓手術後の方、心不全の方などに心リハを提供できるようになりました。これは、飛騨地方で初めてのことです。


心リハの流れ

 当院で治療中の方は、心リハ参加希望があればかかりつけ医にお伝えください。
 他院で治療中の方でも、心リハだけに当院に通院することができます。毎週木曜日に心リハ外来を行っておりますので、かかりつけ医から病診連携室を通して紹介していただいてください。


「心肺運動負荷検査」

 参加されたらまず、「心肺運動負荷試験」を行い、その人にあった運動の強さや運動時間を決めます。血圧、脈拍測定などのメディカルチェックを行い、ウォームアップを行います。その後エアロバイクなどで運動をし、レジスタンストレーニング(筋肉トレーニング)、クールダウンを行って終了です。これを週に 1~3 回行います(月、水、金の 15~17 時)。同時に栄養指導や生活指導、心臓病に関する教育なども行います。医師の診察、管理の下で安全に運動をすることができます。費用は保険適応となります。

 

  • 受診について
  • 初期臨床研修 後期臨床研修
  • 人間ドック
  • 緩和ケア
  • 看護部
  • 在宅介護 訪問リハビリ

トップ