脳神経外科

概要と実績

脳神経の病気としては、脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍(できもの)、頭部外傷(けが)、感染症、変性・脱髄疾患などがあります。脳神経外科はこれらの病気を、外科的手術で治療することが重要な仕事です。しかし手術だけでなく、お薬やリハビリテーションによる治療も行っており、脳ドッグなど予防医療の面にも関わっております。頭痛や手足のしびれや脱力、めまいや認知症状など、日常のごくありふれた症状を契機にして、当科を受診される方がほとんどですが、意識障害や外傷により、救急車で受診される方も見えます。人口の高齢化に伴い、重要性が増していく領域と考えております。

手術データ 2016 2017 2018
脳腫瘍 0 4 1
脳動脈瘤 4 2 1
急性硬膜外血腫 0 0 0
急性硬膜下血腫 0 0 0
慢性硬膜下血腫 25 33 32
水頭症手術 1 1 0
その他の手術 4 2 5
34 42 39
 
学会施設認定

日本脳神経外科学会指定訓練場所
日本脳ドック学会認定施設
日本脳卒中学会専門医制度研修教育病院 

医師紹介

脳神経外科
山本 昌幸
(やまもと まさゆき)
副院長・脳神経外科部長・
医療介護センター長
学会資格等
日本脳神経外科学会専門医
認定産業医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
臨床研修医指導医
Profile
卒業年度:1985年
専門領域
脳血管障害・頭部外傷
国本 圭市
(くにもと けいいち)
救急部長
学会資格等
日本脳神経外科学会専門医
日本救急医学会ICLSコースディレクター
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
臨床研修医指導医
Profile
卒業年度:1996年
専門領域
脳神経外科一般

外来担当医表

診  療
診察室62 山本 昌幸 山本 昌幸 国本 圭市 山本 昌幸 国本 圭市

 

  • 受診について
  • 初期臨床研修 後期臨床研修
  • 人間ドック
  • 緩和ケア
  • 看護部
  • 在宅介護 訪問リハビリ

トップ